消防長が別に定める要件とは、次のいずれかに該当する催しを言います。

  @ 露店等の数が100店舗を超えるもの

  A 催しの1日(延べ)あたりの人出予想が概ね10万人以上であるもの
 祭日、縁日、花火大会その他多数の者が集合する屋外での催しのうち、大規模なものとして消防長が別に定める要件に該当するものであって、火災が発生した場合に人名又は財産に特に重大な被害を与える恐れがあると認められるもの。
 
指定催しとは
日 時 :



場 所 :




 現在、西春日井広域事務組合火災条例第42条の2第3項の規定に基づく「指定催し」は、ありません。
火災予防条例に基づく「指定催し」の指定について